ゾンビ・クエスト [DVD]

ゾンビ・クエスト

本日もお届けします、ゾンビ映画。
こちらはコメディ要素が非常に強くなっていますので、悲壮感とか全然ありません。

主人公は冴えないサラリーマンの アジズ
彼は以前から同僚の女性 テス に想いを寄せていましたが、テス は職場のみんなが憧れる高嶺の花。とても自分にチャンスは無いだろうと諦めているのですが、あろうことか彼女のほうから 「今夜食事でもどうですか?」 とお誘いがありました。

その様子を見ていた上司は途端に機嫌が悪くなります。(こちらも テス に気がある)
先程から アジズ にやたらと電話が入ってくるのに気付いていた上司は、次に電話が鳴ったときに アジズ より先に受話器を取ります。

「何度電話させるんだよ、仕事やめて早く遊びに来いよ!」

バカンス中の兄です。

受話器を叩きつけた上司は 「お前、クビ!」 アジズ に言い放ちます。

あまりに理不尽ですが、腹を立てた アジズ は兄の元へ。

「兄さんのせいでクビになったじゃないか!」

「良かったな、仕事なんてポーイだ」

兄は持っていたボールを放り投げたのですが、ボールはギャングの彼女に命中。
怒ったギャングと喧嘩になって、巻き込まれた形の アジズ も一緒に警察のお世話に。

留置所で落ち込んでいると 大きな地震 が起きます。
その影響か、留置所の鍵がカチャリと開きました。

シメシメと、勾留されていた全員がそこから抜け出し、警察署の外まで出てみると、えらいことになっていました。
車はひっくり返り、あちこちで火事が起き、道路はゴミや建物の破片だらけ・・・。

ようやく1人の老婦人を見付けて声を掛けますが、いきなり襲いかかってきました。

ゾンビの世界へようこそ。

アジズ が携帯の留守録を聞くと、「アジズ、助けて・・・」 テス のメッセージが入っていました。
彼女は会社のビルに1人取り残されているようです。

「僕は彼女を助けに行く」

アジズ は兄たちに反対されながらも会社へ向かいますが・・・という作品です。

女性警官役の Gigi Ravelli が可愛いです。
最後までずっと活躍してくれますので、非常に楽しめました。
やはりこういう魅力的な方がいると作品の評価も変わりますね。(変えるなよ)

頼りない アジズ も、徐々にたくましくなっていって良かったです。

なかなか面白い作品でした。
ちなみにオランダ産です。

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です