アトレティコ・マドリードが18シーズン振りにリーガを制しました。
やったね。
(仮眠から起きてちゃんと生放送を観ましたよ)

前半13分にエースの ジエゴ・コスタ が負傷退場し、さらに20分に10番の アルダ も負傷退場。
チームの主力が前半早々に離脱するという予期せぬ展開の中、先制点を奪ったのはホームのバルセロナでした。

もう、ダメだと思いましたね。

でも、ハーフタイムに シメオネ からの激励があったようで、後半立ち上がりに猛攻を仕掛けるアトレティコ。
その勢いの中、セットプレーから同点に追いつきました。

その後、バルセロナが反撃を試みますが、最後までチーム一丸となって守りきり、1-1の同点で試合終了です。

負傷退場の ジエゴ・コスタ アルダ は、ピッチから去る時や、ベンチで泣いていましたね。
チームのために戦いたいけれど、それがかなわなくなったという悔しさ。それが、涙として流れる2人の姿はとても印象的でした。優勝と準優勝の差はこのあたりにあったんでしょうかね。

それにしても両チームとも気合が入った素晴らしい試合で良かったです。

さて、来週はCLの決勝です。
再度気を引き締めて2冠を狙って欲しいですね。(負傷退場の2人が気になります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です