世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション

世界にひとつのプレイブック

第85回アカデミー賞で 8部門にノミネート された作品。
受賞こそ主演女優賞のみでしたが、相当な評価を受けています。

監督は David O. Russell で、今まさに ノリノリ です。
3作連続で監督賞にノミネートされるってどういうことですか。

2010年「ザ・ファイター
2012年「世界にひとつのプレイブック」
2013年「アメリカン・ハッスル」

作品の話に入ります。

奥さんの浮気現場に出くわした パット(Bradley Cooper) は、浮気相手の男性を暴行して逮捕。
彼はあまりのショックに精神のバランスを崩し、躁うつ病を発症して長期入院。
家も仕事も愛する奥さんも無くし、どん底な人生に突入します。

退院後、実家に引き取られた パット
危険人物として奥さんへの接近禁止令が出ていますが、異様なほどに奥さんに執着していて、かたくなに夫婦生活をやり直せると信じています。
退院はしていますが、完治したとかではなく、母親が面倒を見ると裁判所に掛け合い、わりと強引に引き取ったのです。

ある日、友人宅に招かれた パット は、そこで ティファニー(Jennifer Lawrence) という女性に出会います。
相手に対して遠慮無くズケズケと物を言い、すぐにキレる彼女もまた、心に傷を負っているのです。

ひょんなことから ティファニー が近いうちに奥さんと会う機会があることを知った パット は、彼女に手紙を渡して欲しいと懇願します。
「いいわよ」 と言いながら、交換条件を出す ティファニー

「私とダンスをしてくれたらね」

彼女はダンスが趣味で大会にも出たいのですがパートーナーがいないのです。

自分のことは棚に上げて、ティファニー のことを異常な女性と考えている パット は躊躇しますが、仕方なく了承し、翌日からダンスのレッスンがスタートします。

果たして、パット は奥さんとよりを戻せるのでしょうか。
そして、ダンス大会は・・・。

という感じの作品です。
純粋さと危うさが入り混じりながら、そこに優しさや笑いも添えられた素敵な作品となっていました。
アカデミー会員の評価が高いのも納得です。

父親の Robert DeNiro も良い味を出していました。
この人も十分に危なくて、受診したらすぐに薬を処方されそうです。

俳優陣はとにかく豪華でした。
そして、その中でも堂々と渡り合って抜群の演技をしていた Jennifer Lawrence って良い女優さんですね。(このとき若干21歳)

そんなに美しくも可愛くも無いのに(失礼だな)、なんか良いんですよね。不思議です。
まだまだ若い彼女ですが、すでにアカデミー賞では常連となっていて、今作で主演女優賞を受賞。2010年のウィンターズ・ボーンでは主演女優賞ノミネート。2013年のアメリカン・ハッスルでは助演女優賞ノミネートと破竹の勢いです。
Meryl Streep のような大女優になりそうですね。

あと、Chris Tucker が私の記憶よりも1.5倍くらいビッグになっていて驚きました。

評価 8点
★★★★★★★★☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください