スペインの若手選手が出場しています。
若手と言いながらも、すでにトップリーグで活躍している選手ばかりで、実力は申し分無し。

特に以前から注目している イスコ を筆頭に、他国の選手と比べて明らかなレベル差を感じます。
TV観戦時に、解説の人が 「スペインはオーバーエイジ枠を使っているみたいだ」 とコメントしていましたが、まさにそんな感じ。

そんな優勝候補のスペインですが、戦前の予想通りに優勝するのかっていうと、そんなに簡単ではないのがこのての大会。
事実、随所でテクニックの高さや、組み立ての美しさを披露していますが、2試合とも1-0という最少得点での勝利。
他のポジションに比べて、フォワードがちょっと弱いのかな。

決勝トーナメント進出は決定しましたが、さて、どうなることやら。

ロシア戦でのパス回し。

今週末からコンフェデ杯も始まります。
忙しいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です