oscars academy awards / ebbandflowphotography

月曜日にアカデミー賞の授賞式が行われました。
私はwowowで録画しておいて、その日の夜に観ました。

いつも私が楽しみにしているのはスピーチです。(他はけっこう飛ばしちゃう)
受賞者のスピーチには時間が決められており、主要部門は長めなんですが、そうでない部門はかなり短くなっています。

スピーチの王道は、 アカデミーに感謝、監督に感謝、スタッフに感謝、出演者に感謝、配給会社に感謝、家族に感謝 って感じで、そこに何人もの名前を挙げていくので、普通に話すとけっこうな時間がかかります。短い枠の受賞者たちは、できるだけ多くの人に向けて感謝をしたいということで、とんでもない早口でのスピーチになっていました。

で、時間をオーバーしそうになると、ジョーズの曲が流れます。ジョーズが迫ってくるのにあわせて曲が速くなるアレ。それとともに、係の人が背後にそっと忍び寄り、退場を促すと。

式を予定通りこなすために必要なことなんですが、受賞は喜びに浸る時間も無く、なんだか可哀想でありました。

他に気になったところとしては、レッドカーペットでのスターへのインタビュー。
ここでは日本(wowow)のインタビュアーが残念でした。
英語で直接質問するものの、相手に理解されず、何度も聞き直されていました。
もっと適当な人いただろうに。

同じように思った人が多かったようで、ネットでもあちこち書かれていました。

来年は頑張って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です