Linux Mint を入れて数日。
いろいろ調べていると、compiz というデスクトップ環境を拡張するソフトが面白そうだと知りました。

こんな感じ

で、喜んで入れてみたのですが、一部の機能がうまく動きませんでした。
それも、私が楽しみにしていたウィンドウが燃える機能が。

Mintにも複数のバージョンがありまして、私が入れたのは安定性と生産性を重視した MATE というもの。
もしかしたら、これが悪いんじゃないかと、またパーティションを切って、もう1つ違うバージョンをインストールしてみました。
入れたのは高性能で先進的な技術を持ち合わせるという Cinnamon です。

同じでした。

画面のエフェクトなんて、すぐに飽きるわ! と無理に思うようにして、今は compiz なしで Cinnamon を利用中。

Windowsアプリが動かせるという wine も入れてみました。
設定が甘いようで、MSオフィスはエラーを出しましたが、愛用しているエディタ xyzzy とか、2chブラウザのjanestyle とか普通に動きました。
まぁ、エディタは emacs を使ったり(xyzzyって元々そっちだから)すれば良いんですけどね。
仕事で使うとなるとMSオフィスが必要になっちゃうのよね。個人使いなら Libre でも良いのだけど。
もうちょっと頑張るか。

すでに Windows でやっていたことのほとんどは Linux Mint で出来るようになりました。
良い感じ。

デスクトップも格好良くカスタマイズしたんですが、キャプチャソフトでうまく撮れませんでした。
掲載しようと思ったのに残念だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です