「ミッキーさんに会いたい」

「まだ早いって」

半年ほどこのようなやりとりを続けてまいりましたが、のぶりん が娘達の強力な助っ人となり、半ば強引に 夢と魔法の国 へ・・・。

泊まりでもあるので、朝はゆっくり行きましょうと、8時半出発にしました。
でも、k-kaz家恒例の遅刻。

駅の隣にある駐車場に車を停めると同時に のぶりん が券売機へとダッシュ。
私は後から大きな荷物と、娘達を連れてダッシュ。

ホームに下りるのと同時に、電車のドアが開きました。 (ギリギリセーフ)

新幹線は、ぷらっとこだまで グリーン車。

「グリーン車にしたら、普通に行くのと値段が変わらないし、ひかりならもっと早く着くのに」 と言ってみたら、「一度乗ってみたかったの、グリーン車。うふ」 って返されました。

大人の2座席しかチケットを買っていなかったので、娘達はひざの上だったんですが、次回は絶対に人数分買おうと誓いました。 (しんどいよ)

東京駅で昼食(マック)をとって、京葉線で舞浜駅まで。
駅のすぐ近くにある東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターで荷物を預け(ホテルに送ってくれる)て、ディズニーリゾートラインに乗ってディズニーランドへ到着。

手荷物検査でドキドキしてから、いざ入場。

中に入ると広場があって、ディズニーのキャラクターが うろついています。

それを目の当たりにした ゆーちゃん。

「こわいー、かえるー」

大泣きです。

出来るだけキャラクターに近付かないよう(何しに来たんだろうという疑問がわきますが)、遠回りをしながら歩いていると、 ゆーちゃん ミニーちゃん を見付けました。

「ミニーちゃんのとこ行くー。ぐすん」

人気キャラの周りには人だかり。
そうでないキャラの周りはまばらな感じ。(なんか悲しくなった)

ミニーちゃん には順番待ちの長蛇の列が出来ていたので、そこに並びました。

せーちゃん はわりと平気だったので、そばにいた ピノキオ のところに2ショット写真を撮りに行きました。

が、人見知りで、内弁慶な せーちゃん は、ピノキオ のところに突っ込んだり、声を掛けたりすることができません。
次から次へといろんな人が ピノキオ にアタックして写真やらサインをもらっている中、 少し離れて指を咥えておりました。 (本当に咥えてた)

いつまで経っても写真が撮れないので、後ろからぐいっと押して、無理矢理近付けてあげると、ピノキオ が気付いてくれて、そばに手繰り寄せるようにしてくれました。

シャッターチャンス。

パチリ。

その後は慣れたようで、周囲の猛烈な写真撮ってアピールにたじろぎながらも、隙を見付けて声を掛けられるようになりました。

パチリ。パチリ。

そんなお姉ちゃんの姿を見ていた ゆーちゃん も勇気が湧いてきたようで、せーちゃん と一緒に リスさん と並んで写真を撮りました。

あと、人間タイプ は平気なようで、シンデレラ ともパチリ。

シンデレラ、美人だったなー。(パパの感想))

その後、 ミニーちゃん とも写真が撮れました。1時間くらい並んだのかな。
撮影後、 せーちゃん ゆーちゃん ミニーちゃん からキスをされて喜んでいました。その日、ずっと言ってたから、相当嬉しかったのね。
のぶりん もキスをしてもらおうと自分から顔を近付けたのですが、拒否されていて面白かったです。(子供にしかしないのね)

やっと中に入りました。
ベビーカーも借りて、先程会えなかった ミッキーさん に会おうと、 ミッキーの家 へ。

けっこうな距離を歩いてきたんですが、家の前でグネグネしたあまりの行列を見て、断念致しました。
代わりに ミニーの家 へ。こちらはすぐに入れましたが、特に面白いこともなく、すぐ終了です。

「何か乗ろっか」 という のぶりん の提案に賛成して、すぐ近くにあった ロジャーラビットのカートゥーンスピン へ。

建物の中の薄暗さに怖くなった ゆーちゃん がギブアップ。
列の途中から抜け出し、私と外へ。

のぶりん せーちゃん が出てくるのを待つことになりました。

売店でミッキーのピザを買って半分こ。

勢いよくかじりついた ゆーちゃん ですが、 ヴァァ~ っと口から出しました。
たまねぎ嫌いなんです、この子。

たまねぎを避けながら食べさせていると、鳩がポッポいいながらたくさん近付いてきました。

「こわいぃ~、おうちに帰るぅ~(泣)」

そういえば せーちゃん も伊豆旅行で鳩に恐怖してたな。

風がびゅーびゅー吹いて、猛烈な寒さでした。
実は私も家に帰りたかったです。

どこか寒さを凌げる場所はないかと見回すと、赤ちゃん休憩所がありました。
部屋まで入るのはどうかと思って、手前の通路の脇で ゆーちゃん とひたすら待っていました。

のぶりんたち が戻って来て、ピザを食べるというので案内。
食事後に向かったのが プーさんのハニーハント

これなら怖くないでしょうと、ファストパスを使ってするするっと中へ。
順番が来てハニーポットに乗り込むと、これがけっこうな勢いで動くのね。そして、音が大きいのよね。
後ろに座った ゆーちゃん を見ると、両耳を手でふさいで、目をぎゅっと瞑って、顔は真下を向いていました。
せーちゃん も時々下を向いていたので、怖かったみたい。
私はそんな2人が気になって、そちらばかり見ていたので、 プーさんのハニーハント そのものをよく覚えておりません。

暗くなってきたので、最後に キャッスルカルーセル(メリーゴーランド) に乗りました。
前にいた中国人の団体がかなり迷惑でありましたが、なんとか堪えました。これも30分以上並んだかな。

せーちゃん、ゆーちゃん ともにご機嫌でした。
アトラクションとしては、これが一番良かったようです。

ハウス食品(夢の国なので、企業名を出すのはどうかとも思いつつ)でカレーを食べてホテルへ向かいました。

ホテルはアンバサダーホテル。
エレベーターの案内も、モーニングコールもすべてミッキーがしてくれました。

ベッドは大きいのを2つに、小さくて低いのを1つ用意してもらいました。
せーちゃん が小さいのに寝たんですが、夜中の2時頃に落っこちました。

起き上がって布団を整えはじめたので、大丈夫かなと思ったのですが、そのまま布団を被って下に寝た ので、慌ててベッドの上に運びました。

ということで、1日目終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です