DELL のパソコンについてきたキーボードが、ノートパソコン並みのキーの高さで(要は平べったい)打ちにくいったらありゃしない。
必然的にあまりキーボードで長文を書いたり、仕事をしたりしないようにしていましたが、やっぱりどうにも我慢ならず、思い切ってキーボードを買い換えることにいたしました。

Happy Hacking Keyboard Lite 2

上が DELL のキーボード。下が今回購入したキーボード。

このキーボードは、元々 UNIX 時代に使っていて、ベタ惚れだったものです。(当時の後継品です)
過去の text を見ると、実売で8,000円ほどしたようです が、2つ購入して使っていました。

今回は4,000円ほどでゲットです。
上位機種にも興味がありましたが、20,000円近くするので諦めました・・・。

感想は、やっぱり良いですね。

最高です。

4,000円でこれだけの満足感を得られるのはなかなか無いですよ。

まぁ、ファクションキーやら何やらを押すのに Fn キーを押す必要があったり、テンキーが無かったりという部分もありますけど、すぐに感覚が戻ってくるでしょう。
時々、BSキーを打つのをミスることがあります。これは以前使っていたのが、US仕様でエンターキーの大きさが違うのよね。今回のは縦方向にキー2個分のサイズがあって、以前のものは1個分だったから。すぐ上にあったBSキー(USの場合はDEL)が押し辛くなっています。

でも、これも慣れちゃうでしょう。普段使っている日本語キーボードはそうなっているし。

慣れなきゃ、US仕様でもう1本買っちゃえ!(笑)

色は本当は白(ベージュ?)が好きなんですけどね。今は、周りが全部黒で統一されている関係で黒にしました。

あぁ、打ちやすくて、鼻血出そう。

貴方もいかがですか?

Happy Hacking Keyboard | PFU
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください