Chains
photo credit: SandraGonzález

のぶりん から、帰ってくるように言われたので身支度を整えて駐車場へ。

車のセキュリティを解除しようとボタンを押すものの、うんともすんとも。
何度やってもダメです。

普通ならボタンを押したときにキーが光るんですが、全然光りません。

電池かなと思って、開けることにしました。(同じ型のものでなくても、繋げば一時しのぎでなんとなるだろうと)

小さめのプラスドライバーを持ってきて、ねじに当てようと・・・。

なんか、ヤな感じ。

ねじ山の潰れ具合が、なんかヤな感じ。

とはいえ、ここでいかないと何も進まないわけですからね。
時間に遅れると のぶりん に怒られますし。

「僕は男の子!」 と叫びながら(心の中で)、えいやっと回しましたよ。

ねじ山が消え去りました。

ここには道具が無い。
ねじ山の消えたネジを回す手段が無い。

買いに行くにも車に乗れない。
そもそも、買いに行ったら間に合わない。 のぶりん に(略)

こじ開けるか。 (遠くを見つめながら・・・)

マイナスドライバーをグリグリっと押し込みます。

手元が狂って 左手の小指に突き刺さりました。

流血事件です。

何でこんな目にあうんだ。
何か悪いことでもしたか。

むしろ、良いことしかしてないぞ。 (本当か?)

と、1人で悶々としながら、車のところへ戻り、 「普通にキーを回して開けたら開くんだよな」「でも、ウィンウィン警報が鳴るんだよな、たぶん」「どうしようかな」

のぶりん に電話しました。

のぶりん 「何?」

k-kaz 「セキュリティ解除のキーが効かなくなっちゃって・・・」
k-kaz 「部屋に予備のがあったよね?」

のぶりん 「えー、ちょっと見てくるからかけ直すね」

k-kaz 「あい」

のぶりん からの折り返しを待つ間、憎しみを込めて キーをポチポチ押していたら、ファンファンと ロックが解除されました。

車に乗り込んだところで のぶりん から着信。

のぶりん 「部屋のどこらへん?」

k-kaz 「開いたからいいや」

のぶりん 「・・・・・・・・・・」

k-kaz 「・・・・・・・・」

帰宅して、予備のものと付け替えました。
のぶりん は心なしか口数が少ないようでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です