ここのところ仕事が忙しくて、肉体的に大変です。
遅く帰ると のぶりん の機嫌が悪くなるので、精神的にも大変です。

昨日の夕方(18時過ぎ)若い女性 が私のところにやってきました。

Wさん 「k-kazさん、お仕事大変そうですね」

k-kaz 「うん、今日は帰れないかもしれない・・・」
(なんとか日が変わる前に会社から脱出しました)

Wさん 「そうなんですか・・・。頑張って下さいね」

5分ほどして、また私のところへ。

Wさん 「良かったら、これ飲んでください」

そういいながら、ジュースを差し入れてくれました。

モテモテですな。

Wさん 「以前から気になっていたんですけど・・・」

ほっとカルピス

Wさん 「自分で飲むのが怖かったので、後で感想聞かせて下さい♪」

なんか、違う。

なんか、勘違いされている。

まるで、私が “ヘンなもの好き” みたいだ。 (そうじゃないのか?)

会社における私の立ち位置が心配になってきました。
イケメンお兄さんではなかったのか!?

ちなみにホットカルピスは、まずくはないですよ。
でも、冷たいほうが美味しいです。

相当なカルピス好きさんが、寒い冬の時期にもガブガブ飲みたいということで販売されているのかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です