会社で朝礼が終わったあとのこと。

O君 「k-kazさん、何か付いてますよ」

k-kaz 「え?どこ?」

O君 「そっちの、ほっぺたに」

k-kaz 「あ!」

今朝、ゆーちゃん を着替えさせようとしたら イヤイヤ してやらせてくれないので、近くにあったシールのシートを持たせて気をそらしながら着替えさせたんです。

その時に、ゆーちゃん がシートから1枚シールを取って、「パパの」 と言いながら、私の頬に ぺたっ と貼りました。

すぐに取ると、また 「パパの」 と言って、延々とループするため、後で取ろうと思って、その場は放っておいたんですよね。

そのまま会社へ行ってしまいました。

シール
実際のシール


他の人にも聞いてみたら、みんな気付いていて、「怪我とか吹き出物で、小さい絆創膏を貼っているのかしら?」「でも、やけに可愛らしいわ」 などと思っていたそうです。

うー、やられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です