A代表が、EURO2008で優勝し、ワールドカップ2010でも優勝したのは有名ですが、それに続くU-21とU-19が今年行われたEUROでそれぞれ優勝を果たしました。

以前、スペインサッカーの強さの秘密みたいな番組を観たのですが、下部組織の育成には非常に力を入れています。(サッカーだけじゃなくて学業も)

例えば、日本の高校では学校単位でのチームとなりますが、スペインの場合は年齢単位となり、それぞれの年齢で大会が行われています。

日本 A高校で1チーム
スペイン A高校3年、A高校2年、A高校1年で3チーム

こんな感じ。

そして、これが高校だけじゃなくて、もっと下の年代から年齢単位で分かれていると。

先日、なでしこジャパンがワールドカップを制して鳥肌が立ちましたけど、是非男子にも頑張っていただきたいですね。

U-21 EURO2011 決勝
スペイン vs スイス
http://youtu.be/zOAGSpsiAx8

どちらもビューティフルですね。
2点目はバルサのチアゴ・アルカンタラ。昨シーズン終盤からトップチームに出ていました。良い選手です。

U-19 EURO2011 決勝
スペイン vs チェコ

常に先手を取られながら逆転勝ち。
勝負強いですね。延長後半に2点取っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です