リミッツ・オブ・コントロール スペシャル・エディション [DVD]

リミッツ・オブ・コントロール

レビュー数は少ないもののレビューサイトで高評価の本作。
スペイン映画です。

「自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ」 という指示とマッチ箱だけもらった殺し屋。

マッチ箱の中には 「カフェで待て」 と書かれた紙が入っていました。
ここから足がついたらいけませんので、紙はすぐに口に入れてエスプレッソで飲み干します。

カフェで待つこと数日。
殺し屋の彼はいつもエスプレッソを2つ注文し、少しずつ口を潤しながら、じっと待ち続けます。

そこへ1人の男性がやってきて、隣に座りました。

「スペイン語を話せるか?」 という男性に、首を横に振る殺し屋。

男性は英語で世間話を始め、殺し屋は一言も発せずに聞いています。

そして、男性が胸元から取り出したのはマッチ箱。
殺し屋もマッチ箱を出してお互いのそれを交換します。

男性が立ち去った後にマッチ箱を開けると次の指示が書かれた紙。
紙は口に入れてエスプレッソで飲み干す。

次の場所で数日待つと、今度は女性が登場。
「スペイン語は話せる?」 と聞く女性と、首を横に振る殺し屋。

世間話を始める女性と無口な殺し屋。
最後にマッチ箱を交換して、指示を読み、口に入れてエスプレッソで・・・。

これを延々と繰り返します。

1時間くらい頑張りましたが、 もう無理です。 ごめんなさい。
この後の展開が面白かったのかもしれませんが、ダメでした。

後半に神展開のある映画であっても、そこに辿りつくまでの道のりがあまりに険しすぎると、私はリタイアしちゃいます。
一定レベルの面白さ、起伏がやっぱり必要だと思うのです。

最後まで観てないけど、そこそこの時間は観たので一応評価。

評価 3点
★★★☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です