ナダル が優勝しました。
3セット目が終わって、フェデラー がイケイケのように見えたんですが、4セット目は 6-1 でした。

これで ナダル は全仏6度目の優勝となり、ヴォルグ に並んで最多タイです。
ちなみに ヴォルグ は25歳と1日で6度目のタイトル。ナダルは25歳と2日とのことです。面白いですね。

フェデラー ナダル 以外の選手とグランドスラムの決勝を戦うと14勝1敗だそうですが、それが ナダル となると2勝6敗。相性もあるのでしょうね。

ナダル は最後まで本調子ではなかったですけど、それでもなんとかクレーキングの座を守ったというのは凄いです。大事な場面での集中力は健在。

1セット目。フェデラー が先にセットポイントを迎えたのですが、それを凌ぎ、さらにそこから5ゲーム連取で1セット目を奪取。
4セット目の最初のサービスゲームも 0-40 となり、いきなりブレークされそうなピンチを迎えましたが、ここも凌ぎました。

もう、脱帽ですね。

キャリアグランドスラム達成者は過去に7人しかいません。
その2人が同時代にグランドスラム決勝で何度も対戦し、最高の試合を見せてくれる。

同じ時代に生きる我々は幸せですね。

http://youtu.be/JFqU-x38ncs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です