絶版になっていて入手困難な絵本です。
小さい頃によく読んでいた 「思い出の1冊」 でもあります。

いつも行く図書館には置いていなかったのですが、検索システムを使って、置いてある図書館が分かりましたので、借りてきました。

おっとあぶない

シュール。

いろんな 危ない遊び をしている子が登場します。

「○○まぬけ」 というように紹介されていますが、版を重ねていくうちに 「なにも知らない子」 みたいに訳が変わってきています。

幸いなことに図書館では、両方置いてありましたので、馴染みの深い 「○○まぬけ」 を借りてきました。

あと、同じ作家さんの作品もついでに。

みてるよみてる と けんこうだいいち

良いですね、図書館。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です