パラサイト・バイティング 食人草 スペシャル・エディション [DVD]

パラサイト・バイティング 食人草

メキシコに遊びに来ていたアメリカ人大学生の4人組。
旅行も残すところ明日で終わり。そんなときに1人の男性 マティアス と知り合います。

彼の弟が考古学者で、ここからそれほど離れていないところで、古代マヤ遺跡の発掘作業をしていて、「明日自分もそこへ向かうんだ」 という話を聞くと、4人は 思い出作りとして最高だ と同行することにしました。

翌朝、待ち合わせ場所で合流。4人組と同じように興味を持ったギリシャ人男性1名も加わり、6名で遺跡のある場所へと向かいました。

ジャングルの中をひたすら歩き、ようやく開けた場所に出ると、そこには植物の蔓に覆われた台形の建造物がでーんとありました。
その上にテントがちらっと見えます。考古学者の弟が野営しているのでしょう。

彼らが建造物を登ろうとしたとき、馬に乗った原住民が複数人登場。
手には銃や弓矢を持ち、彼らに向けていつでも発射できるよう構えながら、大声でまくし立てるように話しますが、言葉がまったく分かりません。

パーン。 (ギリシャ人男性が撃たれて死亡)

5人は慌てて建造物を登り、上に避難。
原住民は追ってきませんが、周囲を取り囲んだまま去ろうとしません。そして、時間が経つ毎に数が増えていきます。

原住民は何を伝えたかったのか、何故発砲したのか、何故見張り続けるのか。謎だらけです。

助けを呼ぼうにも 携帯は圏外 です。

それはそうと、弟はどこだ。
テントの中には居ません。建造物の上はまっ平らで、外に出ていればすぐに分かります。

中央に井戸みたいな穴がありました。
そして、中へ降りられるように、滑車つきのロープも設置してあります。

この中に居るんだろうか。
真っ暗で見えませんし、声を張り上げても返事はありません。

ピピピピ ピピピピ ピピピピ ・・・

マティアス 「弟の携帯だ!」

音は井戸の中から聞こえてきます。

マティアス 「井戸の中に降りて、弟を探してくる」

ここから本当の恐怖が始まるのでした。

B級ですけど、わりとよく出来ていたかな。
観ている側にとっての恐怖の対象は “アレ” よりも、精神をやられていく人であり、逃げ場の無い狭い空間なんかかと思います。撮影側もそのつもりで撮っているんでしょう。

評価 6点
★★★★★★☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です