ラングス

Lungs

今年のグラミー賞で気になった Florence Welch が所属する Florence and the Machine のファーストアルバムです。

惜しくも新人賞を逃しましたが、その存在感は抜群でした。

先日のアカデミー賞にも登場して歌っていましたし、今後の活躍が非常に期待されます。

さて、アルバムですが、なかなか良いですよ。
迫力があって、どこかしら気品が漂って。
繊細さや美しさも感じられます。

こうやって書いても良く分からないでしょうから、 つべこべ言わずにPV観てください。 (放ったぞこの人)

日本向けのアルバムにはVIDEOも収録されています。
このアルバムに限らず、時々VIDEOが入っているものってありますけど、見たことありません。
CDだけに収録されている特典映像なんでしょうか。Youtubeとかでも見られるなら意味無いですよね。(ネットあれば)

どんなものか、あとで見てみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です