96時間 [Blu-ray]

96時間

元CIAの男性 ブライアン の話。
仕事ばかりで家族のことを顧みず、その結果、離婚となってから数年が経ちました。
奥さんは大富豪と再婚し、17歳になった娘も不自由なく暮らしています。

ブライアンは、これまでの人生を振り返っていろいろと反省をし、娘と仲良くしたいと思う一心から、仕事を辞め、娘が住む町へ越してきました。

ある日、娘から1本の電話が。

「明日、ランチをいっしょにどう?」

「あぁ、その場所なら知っている。楽しみにしているよ」

翌日、カフェで娘を待つブライアン。
娘の姿が見え、思わず立ち上がった彼でしたが、表情が一気に曇ります。
娘の背後に母親の姿が。

「パパ、お願いがあるの」
「友達とパリに行って、美術館めぐりをしたいの」
と、娘。

母親がぶっきらぼうに書類を差し出します。

「サインしてちょうだい」

未成年の外国旅行であり、実父の承認が必要なのです。
娘とのデートだと思っていた ブライアン はショックでした。

「未成年同士で外国に行くなんて危険じゃないか?」
「ちょっと考えさせてくれ」

娘は泣いて出て行ってしまいました。

母親もそれを追いかけるように 「最低」 と一言残して去っていきました。

結局、ブライアン はサインをして自宅に書類を届けます。
条件としてパリに着いたとき、夜寝る前に連絡することを約束させて。

この後、パリで娘が人身売買をしている闇組織にさらわれてしまって、怒れる父親が大暴れする という映画です。

情け容赦無いです、パパ。

悪党を瞬殺、瞬殺、瞬殺の嵐。
協力しない場合は、善人まで傷付ける という徹底ぶり。

器物破損も知ったことかという感じ。
娘さえ無事に戻れば、あとはどうでもいいんだという考えが凄すぎです。

スッキリしたい方にはオススメしますが、衝撃にはすこし覚悟が必要です。

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です