エスター [Blu-ray]

エスター

2011年のトップバッターです。
実際は5日に観たんですが、ここに書いていませんでした。(そんなものがいくつかあるので、他も書かなくちゃ)

お父さん、お母さん、息子、娘の4人が仲良く暮らすコールマン家。
以前、3人目の子供が出来たときに流産してしまった ケイト は、その罪悪感から精神を病み、カウンセリングに通っています。
その罪滅ぼしということもあったのかもしれませんが、 ケイト は旦那の ジョン に相談をして、養子縁組をすることにしました。

孤児院を訪問したときのこと。
ジョン は誰も居ない教室で、たった1人絵を描いている少女を見付けました。
気になって声をかけながら隣に座って顔を覗くと、彼女はとても美しく、話をしてみると10歳くらいの子供とは思えないくらい聡明でした。
そこにやってきた ケイト も一目で気に入って、その子を養子として迎える手続きをしました。
こうして、エスター という名の少女がコールマン家にやってきたのです。

エスター がやってきてから子供達の様子がおかしくなってきました。
最初は エスター につっかかっていた息子が、すぐに彼女とは関わらないように距離をとりはじめ、逆に娘は エスター にべったり。

通い始めた学校では、エスター のすぐ近くで同級生が大怪我をしたり、様子を見に来た孤児院の先生が帰り道で事故死したりと、エスター が来てから、そして、彼女の周囲で事件や事故が多発しま
す。

果たして原因は何なのか。エスター はそれに関わっているのか。コールマン家はどうなるのか・・・という作品です。

悪魔系かと思っていたので、個人的には残念でしたが、エスター 役の Isabelle Fuhrman は頑張っていましたね。今後も楽しみです。
最終的に分かる設定にも驚かされ、思い返せばなるほどなと思わせるあたりも、なかなか良い作品だったかなと思います。

ちょっとエグいので苦手な方はご注意あれ。

評価 6点
★★★★★★☆☆☆☆

http://www.youtube.com/watch?v=XKb7_Yakhho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です