身体のあちこちに、プツプツができて痒いので皮膚科に行ってきました。
ダニかと思いましたが違いました。

「冬場、皮膚が乾燥して痒くなったりする?」
「はい」

「お風呂で身体を洗うときに、けっこうゴシゴシしてない?」
「してます」

「皮膚に必要な油まで取れちゃっているんでしょうね」
「20代の頃は平気でも、30過ぎると油って減ってくるから

「おなかにはたっぷり脂ありますけど」
「・・・ははは」

ということで、塗り薬を処方していただきました。
薬局には先日の可愛いお嬢さんが居なかったのでとても残念です。

代わりに 知的美人風なお姉さん が対応してくれたので、それはそれで良かったように思います。

薬局って、きれいな人が多いですよね。
何ででしょうね。

普通の人は、処方箋を渡して薬をもらうだけ。
それだけならどこの薬局でもできますから、ライバル薬局に勝つために容姿の美しい人を採用する傾向にあるのでしょうか。

ありがたい話です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください