ベルサイユの子 [DVD]

ベルサイユの子

家を持たない23才の母と6歳の少年。
食べ物と寝る場所を探す生活を長いこと続けています。

少年はいくらお腹が空いても、寒くても、何も言いません。
ただ 「手を握って」 と母に言います。
それですべてが我慢できるのです。

ある日、2人はベルサイユ宮殿のすぐ近くの森で道に迷い、そこで同じような境遇の男に出会いました。
その男の小屋で1泊させてもらえることになった2人。

翌朝、男は母親が居なくなっていることに気付きます。
すぐに帰ってくるだろうと待ちましたが、母親が帰ってくることはありませんでした。

少年は気丈に振り舞いますが、母が恋しいのでしょう。夜寝るときになると 「手を握って」 と男に言います。

盛り上がりはなく淡々と話が進む静かな作品です。

少年は、なんとか学校に通えるようになりますが、友達は一切できません。
母に捨てられ、そして再び信じていた者に捨てられるという悲劇の子。

これはやるせないな。

10年くらい経って、再会した母と抱き合うというエンディングですが、自分を捨てた母と普通抱き合えるのかしらと思ったり。
いろいろ考えさせられますが、少年が不憫すぎるのでおすすめしません。

評価 4点
★★★★☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です