先週木曜日に開催されたW杯前の強化試合です。
夜中にネットで観るのを断念して、昨日のTV放送まで情報をシャットダウンして待っていました。(大変だったよ)

スペインは前の試合からスタメンを9名入れ替えて、控え組に実践の経験を積ませていました。
本番でいつ彼らの力が必要になるか分かりませんからね。良いことです。モチベーションも上がるし。

試合はスペインが押していましたが、やはり普段とはメンバーが違うので、スペインらしいパス回しや崩しは少なかったです。

しかも、点が入らないし。

後半の途中でようやく デル・ボスケ監督 が動いて、スタメン組を数名投入。これでサッカーがガラッと変わりました。

でも、韓国も粘って点が入らない。

残り数分となり、スコアレスドローかと思ったら、私の ヘスス・ナバス がペナルティエリアの外から鋭いシュートを豪快に決めて試合終了。

辛くも勝利をモノにしました。
スペインって終了間際の得点が多いんですよね。
たぶん、華麗なパス回しをされ続けて、相手チームの選手は体力を消耗してしまうんでしょうね。

ちなみに ヘスス・ナバス は代表初ゴールです。
おめでとうございます。

http://www.youtube.com/watch?v=FQjdAK9GE5M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です