コートジボワールについて知識がなかったので、あまり注目していなかったのですが、観ていたら ゾコラ ロマリック というセビリアの選手は居るし、バルサの ヤヤ・トゥーレ も居るし、チェルシーの ドログバ まで居るんですね。驚きました。

メンバーを知って負けるのは容易に想像できましたが、相手になっていなかったですね。

と、そんなことよりも、闘莉王 2試合連続オウンゴール の末に ドログバ へ激しいチャージ。
ピッチ上から交代のサインが出て、腕の痛みに顔を歪めながら退場する ドログバ

本日の新聞で 右腕骨折 と出ていました。

今シーズン、チェルシーの優勝に大きく貢献し、自身も得点王に輝いたスーパースターの1人。
W杯絶望のようです。

年齢的にも32歳なので、これが最後の大会になると思われます。
非常に残念です。

日本人として申し訳無い気持ち。
大会直前の親善(調整)試合で、なぜあんなにラフなプレーが必要なのか疑問です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です