ウォッチメン ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ウォッチメン

アメコミものです。
原作はかなり有名なもので、アメコミ史上最高と評されることもあるそうです。

昔々、法で裁くことのできない悪に対し、ミニッツメン という覆面をかぶった自警団が独自に制裁を加えて、民衆からヒーローと崇められていました。
しかし、悪の組織からの報復で殺されたり、彼ら自身が法を犯しているということで逮捕されたりして、事実上解散しています。

その後、第二期のチームとして、ウォッチメン が結成されます。このときのメンバーは、特殊能力を持っていたり、スーパーマンのような者もいたりして、一期メンバーよりも強力なチームとなっていました。

さらに年月が流れ、ウォッチメン のほとんどが引退をしている現代へと時が流れます。

ある夜、殺人事件が起きました。
殺されたのは、ウォッチメン の1人 エドワード・ブレイク (通称 コメディアン)
それを知った同じく元メンバーの ロールシャッハ は、調査に乗り出します。そして、これは ウォッチメンの抹殺計画 であることを知り、かつての仲間たちへ注意を促すために訪問をしていきます。

この映画、原作を知らないと全然分からんですよ。
上に書いたの、wikipedia 見ながらですから。

話の途中で解説してくれることもありますが、これ何?と思っても、分からないままストーリーが進んでいくのでストレスが溜まります。

残忍で容赦のない ロールシャッハ と、すぐに 股間を露出させる Dr. マンハッタン はキャラとして良かったと思います。モザイクかけなくていいのか、アレ。

わけわからんまま進んだストーリーの最後は、ちょっと考えさせるようになっていましたね。

今ある平和に対して、嘘の理由を信じているのが幸せなのか。
それとも事実を知って、多くの犠牲を無にするのが幸せなのか。

ウォッチメン の多くは前者を望みましたが、ロールシャッハ の手記から後者になってしまいそうなところでエンドロール。

ちょびっとだけ良い所もありましたけど、いかんせん意味が分からんのと、話が長い(2時間半)のがたまりません。
良い映画って、話が長くても時間を感じず(或いは実時間よりも体感的に短く感じる)に楽しめるんですけど、これは実時間以上の長さを感じました。

原作をよく知っている方か、暇で暇でしようがなくて、なんとか時間を潰したいという方にはオススメします。(でも、他のことをしていたほうが有意義です)

評価 3点
★★★☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です