昨日は入園式でした。

9時半から受付開始で、10時から式が始まります。
時間に間に合うか心配でしたが、奇跡的に のぶりん の仕度が早くて間に合いました。

幼稚園の正門でクラス割りを受け取って、せーちゃん がこれから1年間お世話になる教室へ移動。
教室の入り口で先生に挨拶をしてから中に入ると、すでに机やロッカーなどに せーちゃんの 名前が貼ってあって、受け入れ準備万端でした。

荷物をしまい終えた私たちは入園式の行われるホールへと移動しました。

すでに人でいっぱいです。
入園児とお母さんが用意されていた席に座り、お父さん方はホールの両脇と後ろに立ってビデオカメラを回すという図式が完成されていました。

私は後方に陣取ったのですが、すでにお父さんの壁が出来ていましたので、人と人との間から撮影を開始。
でも、後ろ姿しか撮れないので、すぐにやめました。

ちなみに私の前に居たお父さんは、式の最中、ずっと子供の後頭部を撮影している猛者でした。(たまたま何度か覗いたときにそうだっただけかもしれないけど)

途中で園長先生のお話がありましたが、会場はカオスだった ので、誰も聞いていなかったような気がします。

それでも最後まで話し続けた園長先生が気の毒で仕方がありません。(いつもそうなんでしょうか)

式の最後に人形劇がありました。
我慢の限界に来ていた1人のちびっ子が、演台のところまで行って、人形劇に参加していました。
先生はプロなので、うまくあしらっていましたが、親は注意しろ と思いました。

再び各教室へ戻って、説明会を実施して終了。
送迎バスのところに入園式の看板が立てかけてあり、撮影スポットとなっていましたので、記念写真を撮って帰ってきました。

夜、改めてクラス割りを見てみましたら、

ほとんどの子の名前が読めない という驚愕の事実。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です