7つの贈り物 [Blu-ray]

7つの贈り物

Will Smith 主演の感動作。

ということですが、最後の方までわけがわかりません。

なるほどそういうことだったのか! と思える人は感動したということになるんでしょうが、私には無理。いつまでたっても意味の分からないストーリーに疲れ果てて、感動する余裕は残っていませんでした。

主人公 ベン・トーマス は、宿泊先のモーテルから救急車を呼びます。

「自殺者が居ます。それは僕です」

映画の最後のシーンで出てくる部分を、冒頭で見せるというありがちなアレ。

税務署員の ベン は、困っている人を探しています。
誰でも良いわけではなくて、良い人であること。そして、自分の力だけでは、そこから抜け出すことができない人。大きな身体的ハンデや、大病を患っている人。

そのような人たちを探して何をするのか。
冒頭のシーンが、答え。

なんだかねぇ。

評価 3点
★★★☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です