ホルテンさんのはじめての冒険 [DVD]

ホルテンさんのはじめての冒険

とっても シュール。

真面目で愚直な電車の運転手、ホルテンさん。
退職前日の夜、同僚たちと飲みに行ったところから、おかしなことになり始めます。

とある古いマンションの最上階にある部屋で飲むことになって、みんなでぞろぞろとマンションへ入って行ったのですが、ホルテンさん はちょうど煙草を切らしていたため、ちょっと買ってくるとその場を離れます。

煙草を買って戻り、あらかじめ聞いていた番号を電子キーロックへ入れてみますが、扉は開きません。
そういえば同僚が 「接触が悪くて、強く押さないといけない」 って言ってたなと思い出して、力を込めて押しますが、それでも開きません。

その場から数歩下がって、マンションの上を見上げます。
マンションは老朽化のためか、外壁工事の真っ最中。マンションの周りは工事に使う足場で覆われています。

ホルテンさんは覚悟を決め、その足場を辿って最上階を目指します。

静かなお話。
とくに盛り上がるところもないので、その点はどうかと思いますが。

迷子の警察音楽隊 とか、山の郵便配達 とか、それらとちょっと通じるものがあるかもしれません。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です