冴えない Tom Cruise として私の脳にインプットされている Luke Wilson が主演のおバカもの。

軍が秘密裏に進めているプロジェクトが、人工冬眠。
優秀な軍人を平和な間は冬眠させておき、有事の際に起こして活躍させようというもの。

軍に所属するジョー(Luke)は、何を行っても平均的な男性です。
この男なら差し障りないだろうと、人工冬眠のサンプルモデルに任命されました。

実験は1年間ですので、彼は1年後に目覚めるはずだったのですが、期間中にいろいろと上層部にゴタゴタ(スキャンダルとか)なんかがあり、プロジェクトはいつのまにか忘れ去られてしまいました。

彼が目覚めたのは、なんと500年後。
ゴミなだれ(未来ってすごいね)が起きて、その衝撃で冬眠カプセルが開いたのです。

すっかり変わった街の様子に驚き、500年後に居ることに驚き、さらに、みんなバカになっていることに驚きます。未来の人たちは勉強もせず、怠惰な暮らしを続けて、すっかりバカになっていたのでした。

そんな中に入ると、かつて平均的な知能を持っていたジョーが、とびきりの天才になるのです。
そして、世界一の天才現るということで、すぐに大臣になり、積み上げられた問題を解決してくれる救世主として期待されます。

さて、それからどうなるか。

下ネタが多く、下品です。
そこそこ笑えますが、まぁ、そこそこ。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です