昨日、親善試合を行ったので観ました。
スペインで開催でしたので、アルゼンチンの選手もリーガエスパニョーラ所属の人が多いような印象。

試合はおかげさまでスペインが勝利しました。
前半は良かったけど、後半がいまいち。

デルボスケ監督の 「親善試合など1試合たりとも存在しない。全ての試合を勝ちにいくのが当然」 という言葉はさすがだと思いました。
それに呼応してか、Argentine の当たりも容赦なかったです。(ボールが触れなくてフラストレーションが溜まっていたところもあるだろうけど)
親善試合なのに6枚くらいイエロー貰ってましたよ。

一番観たかった Jesús Navas も最後の10分程度でしたが、出場の機会に恵まれて良かったです。
今回が代表デビュー戦だったかと思います。

キレのあるドリブルや、精度の高いクロスなど、短い時間に持ち味を十分出していました。
今後にも期待。

wiki Jesús Navas
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘスス・ナバス
写真が チンピラ です。

PK をあの位置に決めた Xabi Alonso って凄いなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です