原作、スティーブン・キングです。
彼のことを詳しく知っているわけではありませんけど、やっぱりこのミステリーな分野では名が通っているということで、ちょっと期待して観ました。

大嵐の被害をしたたかに受けて、ショックを受けながらも息子とスーパーへ買出しにやってきた主人公。
奥さんの買い物リストを1つずつ消していって、レジの列に並びます。

すると、悲鳴をあげながらスーパーへ転がり込むように入ってきた近所のおじさんが、「○○が霧の中の何かにさらわれた!」 と、鼻血で赤く染まった顔で喚きます。

その声に釣られて、店員をはじめ、お客さんも外を眺めます。
すると霧が立ち込めて、窓の外は視界がほとんど利かない世界に変貌しました。

“霧の中の何か” とは一体・・・。

2時間くらいの映画でしたが、最後まで時間を気にすることなく観られました。
その点、とても高評価。

しかし、人間って怖いね。
今作では宗教にどっぷりのおばさんが、スーパー内に残っている人たちを扇動し、見事なヒステリー集団を完成させます。

神がお怒りで、生贄が必要だからと、自分の声に耳を傾けない人を集団で襲ったり。

あのラストは無いよなぁ。
やりきれない。

それが狙いなんだろうけど、ダメですね。

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です