カーアクション3連発です。(特集だったので)

エルパソに向かう長距離バスに、どこからともなく現れたアウトローなバイク集団。
中指を立てたり、ビール瓶をバスに投げ付けたりしてちょっかいを出してきますが、気が済んだのか、やがて去っていきました。

「本当にヤーね」と、乗客がホッとしたのも束の間、少し遅れてやってきた1台のアウトローバイクを前方に発見。

どんどん距離が近付いて、乗客の緊張がピークに達したそのとき、そのバイク、情けないことにバスの前で横転し、轢かれてしまいます。

遠くからその様子を見ていた、先ほどの集団が、逆恨み状態でバスを追いかけて来て・・・。

そんな映画。

必死に逃げるバスは、横道に無理矢理進み、結局、行き止まりにあった自動車解体工場に突っ込んでオシマイ。
そこからは、工場の敷地内にバリケードを作って立てこもり、こっちはバスの乗客、あっちはアウトロー集団という具合に分かれて、銃の撃ち合い。

エグジット・スピードというタイトルから、ずっとバスを走らせるのかと思いきや、バスに乗っていた時間なんてほんのわずかのことでした。

陸軍の脱走兵である女性が主人公っぽかったのですが、かなり早い段階で傷を負い、あんまり活躍しません。
逆に普通の主婦がアウトローと大格闘を演じたりして。

なんなんだ、この映画。

ま、最後まで観ることができたので、つまらないとは言いませんが、オススメするほどではないのは確か。

評価 4点
★★★★☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です