資産家の小説家と、その豪邸に現れた売れない俳優。
俳優は資産家の若き妻と関係を持っていて、小説家へ離婚するよう伝えに来たのだった。

警戒しながら話をすすめる俳優に対し、小説家が以外な提案を持ちかける。

「私は妻に辟易していて今すぐ別れたいのだが、妻は金を湯水のごとく使う大変な浪費家だ」

「君と一緒になってもすぐに金を使い果たし、また私のところに戻ってきてしまうだろう」

「この家にある 100万ドルの宝石を盗んで 妻と暮らせ」

この作品はリメイクです。
オリジナルで俳優を演じていた Michael Caine が、今作では小説家役です。
そして、今作の俳優役は、私の好きな俳優の1人 Jude Law が演じます。

最後の方は少し変な方向に行きかけてましたが、そこに至るまでの展開はとても良かったと思います。引き込まれました。
オススメの一品。

以下、ネタバレ。

この作品、2人しか出てこないんですよね。
90分をたった2人でやりきってしまうって凄いです。
カメラワークも工夫されていて、非常に興味深い映像でした。

Jude Law の演技も素晴らしかったです。
昔のような妖艶なイケメンは、少しだけ影を潜めてきたように感じますが、それ以上に演技力が増したように思います。
これからどんどん良い役者さんになっていくのでしょうね。

評価 8点
★★★★★★★★☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください