久々に本屋に行ったら、まだ読んだことのないものが出ていたので購入。

瘤取り爺さんの話を陰陽師流にアレンジした内容となっています。
そのため、途中まで話の筋がある程度分かってしまうという物足りなさも。

とはいえ、読んで損は無いでしょうから、陰陽師が好きな方はどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です