太陽に元気がなくなって、地球がえらいことになってしまったので、太陽に核爆弾をぶち込みに行くという話です。

宇宙船の船長を 真田広之 が演じています。
彼の活躍っぷりを期待していましたが、序盤に死んでしまいました。

宇宙船の中に重力があることとか、気になったり分からなかったりした部分もありましたが、途中までは楽しめました。

ゾンビみたいなのが出てくるまでは。
もう、台無しです。

監督さん、28日後… の人なんですね。
なんか納得。

そういえば、主演?の人も、28日後… に出てました。

SF と ゾンビ が好きな人ならどうぞ。
太陽のCGは見事でした。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です