シュミテクトしても効かないので、歯医者さんに行ってきました。

右上の親知らずが虫歯で、これは 抜かないとダメ。
右下の奥歯が滲みるのは、詰め物が一部取れているからとのことで、今回の処置で詰めなおしてもらいました。
あと、いくつか小さい虫歯(緊急を要するものは無し)があるみたい。

親知らずの抜歯は次回にして、歯槽膿漏のチェックと、下の歯の歯石除去をしました。

歯槽膿漏のチェックは、針のような器具を 歯と歯の間に突き刺して、どれくらい刺さるか診ます。

「ちょっとチクっとしますよー」

処置が始まりました。

先生、チクどころじゃないんですが。

刺さる長さは 2mm ~ 3mm が正常値で、幸い私の歯はすべて大丈夫でした。

でも、歯茎は腫れ気味だそうで、あちこちから 出血 です。

小さい虫歯の治療は、歯茎が腫れていると適さないそうで、歯茎の状態が落ち着いてから行うようにしました。(痛みは無いのでしないかも)

歯石もかなり溜まっているそうで、念入りに除去してくれました。
これも痛かったです。

歯医者さんて恐ろしいですね。

10年くらい歯医者さんにかかっていなかったわりに、歯の状態は良いですねと褒められましたが、歯のブラッシング時間は、3分から5分くらいは行うように言われました。(問診表に1分と書いた人)

いずれ、ブラッシングの仕方も指導してくれるそうです。

うがい用の紙コップを使ってうがいをしたあとに、紙コップを元の位置に戻すと、自動的に水が足されました。

驚いてのぶりんに報告したのですが、「普通でしょ?」 とあっさり言われてしまいました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください