ラスベガスで、ポーカープレイヤーとして活躍する主人公(Eric Bana)と、彼が勝つことのできない伝説のプレイヤーである実父(Robert Duvall)。

そこに絡んでくるのが、田舎から出てきた美しい女性(Drew Barrymore)。

基本的に Drew Barrymore が出ているだけで、ある程度の満足感がありますが、今作はそれを抜きにしても、面白かったです。

Eric Bana の繊細でセクシーな演技に、どっしり構え、重厚感たっぷりの渋過ぎな Robert Duvall。

ポーカーの世界大会という緊張感のある舞台で、そんな2人が対決するのですから、観ていて手に汗握ります。

スリルとサスペンスという感じです。

ただ1点だけ残念だったのは、

私がポーカーのルールをよく知らない ということ。

知っていたら、もっと面白かったのだろうなと思います。

それにしても、頭のキレる男は素敵ですね。

私も、そんな男になりたいですよ。(ムリ)

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください