ビデオ未発売。

目を覚ますと、隣には男性の死体と、大金の入ったスーツケース。

しかし、その男性のことも、大金のスーツケースのことも全く覚えていない・・・というか、何でここ(ホテルの一室)に居るのかも覚えていない。

よくよく考えてみると、自分の名前も覚えていない。

ただ、この状況がもの凄くマズイことだけは、理解できるので、

とりあえずスーツケースを持って逃げよう。

そんな感じでスタートするコメディ映画です。

ボーン・アイデンティティー をちょっと思い出しました。

そんなに面白くは無いのですが、きちんと最後まで観ることができました。
暇な人は観ても良いでしょう。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください