高速道路のサービスエリアで、

エガちゃん、ゲット!

いつもお世話になっている 姫へのお土産にしました。

ホテルに到着。

お部屋は和洋室タイプです。

洋の部分
和の部分

一服したあと、館内の探検をしました。

キッズコーナーで夢中なせーちゃん。

他にも、子供用の本を貸し出ししている小さな図書館や、駄菓子屋さんなどがありました。

このホテルは子供連れに対してのサービスに特化しているので、ほとんどのお客さんが、せーちゃんと同じくらいの子供連れでした。
普通、小さな子供がいると、公共の場ではいろいろと気を遣ったりして大変なのですが、ここは周りがみんな子連れなので、親も安心して過ごすことができます。

再び部屋に戻り、荷物を解いていたら、のぶりんが悲鳴をあげました。

「コンタクトの洗浄液が漏れてる」

せーちゃんのパジャマがビチョビチョです。

残念ながら、ホテルにはクリーニングのサービスが無かったので、すぐに手洗いをして、限界まで絞って、そのあとずっとドライヤーをブォ~っと当て続けました。(小一時間やっていたかしら)

タダで泊まっておきながら、無駄に電気代を使う人たちでごめんなさい。

お食事。

いきなりせーちゃんが食前酒のワインをひっくり返して大騒ぎ。

マグロとホタテのタルタル 醤油ゼリー添え
魚介類のレタス爆弾
桜海老とつくしのかき揚げ、高原野菜添え
春キャベツのクリームソース
(せーちゃんお気に入り)
(パパ、気に入らず)
蓼科牛のシャリアピン resort ステーキ
激ウマ!
ゆずシャーベット&山菜と釜揚げしらすの和風添え
五穀米焼きおにぎり茶漬け、お新香
桜のムースと青梅ゼリー

美味しかったです。
ご馳走様でした。

お風呂は貸切露天風呂。

30分という時間制限が、ちょっときつかったです。
あと、夜になってからの入浴だったため、外が真っ暗で何も見えず、景色を楽しむことはできませんでした。

私とせーちゃんは、20時半に就寝。

のぶりんは、もう一度お風呂に入ったり、明日の準備などをしてから就寝。

お疲れ様でした。

せーちゃん、向き反対です。

蓼科旅行その1
蓼科旅行その2 ←いまココ
蓼科旅行その3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です