のぶりんと2人で、まったく期待せずに観始めたのですが、意外に面白かったです。監督さん、すいません。

特別な力を代々受け継ぐ家系が5つありました。
そのうちの1つは、途中で血が途絶えたのですが、残り4つは現代にも子孫が残っており、やはり特別な力を有しています。

4人の子孫は、同じ高校に通う幼馴染。
人前では力を使わないように、ひっそりと過ごしていましたが、そこへ1人の転校生が現れてから話が急展開していきます。

この転校生は、いったい何者なのか。

と、そんな感じのお話です。

力は無限に使えるのではなく、使えば使うほど、代償として老いが早まるという設定が良かったです。
これによって、むやみやたらに力を振り回すことなく、いよいよ使うという場面での緊張感を演出することが出来ました。

ヒロインが可愛いねとのぶりんが言っていました。
私的には、ブリジットジョーンズの人に似てると思ったのですが、のぶりんに同意は得られず。

超能力とか、好きな方はどうぞ。

評価 6点
★★★★★★☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です