アパリション -悪霊- [Blu-ray]

アパリション -悪霊-

霊の存在を科学的に証明しようとオカルト研究サークルの学生たちが集まり、いろんな機材を並べた部屋の中で、降霊術の儀式を執り行いました。

最初は和やかな雰囲気でスタートしましたが、儀式が始まるとすぐに異変が。
ビデオカメラにノイズが走り、照明は点滅。ラップ音なんかも聞こえてきます。

緊張感がピークに達したとき、何か が現れました。
机も椅子も、学生たちも吹っ飛びます。

そして、女子学生の1人が何者かに引っ張られるように空中に浮かびあがり・・・ 消えました。

数年後。
新居に越してきた ベン と婚約者の ケリー は、これからの新生活にウキウキルンルン。(死語か?)

しかし、すぐに違和感を感じ始めます。
閉めてあったドアが開いていたり、変な音が聞こえたり。
ケリー が不安がりますが、ベン はそれほどでもなく、その代わりに考え込むようになっていました。

その頃、ベン にメールが続々と届き始めますが、彼はあえて開きませんでした。
しかし、家で起こる不思議な現象が一段とひどくなったときに、ついに最新のメールを開きました。

「まずいことになった!動画を観てくれっ!!」

メッセージはそれだけ。
添付されている動画を観て、ベン の表情が強張ります。

そこに映っていたものは降霊術の儀式。
自分と行方不明になった女性を除いたメンバーが集まっています。
そう、ベン はあの儀式に参加していたのでした。

リーダー格の男性がカメラに向かって話します。
「前回、開けてはいけない扉を開きかけてしまった」
「今回はその扉を閉じようと思う」
「大丈夫、必ずできる!」

できないんですけどね。

で、開きかけていた扉を完全に開けちゃうことになりました。
そして、そこから飛び出た何かが、何故か分かりませんが ベン ケリー のところにやってきたのです。

さぁ、どうなる ベン ケリー

ケリー役の Ashley Greene がなかなか美人でした。
また、今知ったんですけどリーダー格の男は Tom Felton です。ハリーポッターの マルフォイ です。全然気付かなかった。別人です。

そんなに面白くはないですね。
怖さもあまりないですしね。

ということで、いまいちな感じです。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です